一貫生産の流れ

当社製品は全て自社農場で生産された新鮮な卵です。産みたて卵をその日のうちに出荷しています。

1 育成過程 120日間

育雛・育成

当社育成農場「あゆみ農場」にて、雛の段階から徹底した育成管理のもとに育てています。孵化してから40日齢までは育雛期間。2日目ごとに室温調整をして体力のない雛を保護します。41日齢になるとケージに移し120日齢までを過ごします。この育成期間にワクチンを接種し病気等の伝播を防ぎます。

2 成鶏過程 440日間

採卵

121日齢に達すると成鶏農場である「富士見農場」、「赤城山農場」に移し、560日齢までを産卵鶏として過ごします。ここでは主としてウインドウレス鶏舎を導入。鶏舎内はコンピュータにより温度管理・光量管理を行い、給餌や集卵、糞の処理も集中管理しています。平飼い、放し飼いよりはるかに鶏に安全であり、衛生的に採卵することができます。560日齢に達するとオールアウト方式で淘汰、鶏舎を空にして滅菌します。

3 製造過程

製造前検査

卵は鶏舎からベルトコンベアでGPセンターに運ばれ、まず汚れや破損の検査を行います。

品質検査

異常卵自動探知機を使いヒビなどの破損状況をチェックします。

選別

選別ラインに送られ自動選別機で各サイズに分別します。

出荷待ち

選別後の卵は出荷までの間、低温に保たれたストック場に集めら、その日のうちに全て出荷。

ラック出荷

首都圏に出荷する卵はラックのまま保冷車で各地のGPセンターへ。そこから東京や横浜の小売店店頭に並びます。

洗浄

自動洗卵機により次亜塩素酸および温水で洗浄を行います。

投光検査

パッキング工場に運ばれ、下から光を当てて目に見えないキズや血玉などをチェックします。

パッキング

全ての検査をパスした卵のみを新鮮なうちに自動化ラインでスピーディーにパック詰め、ラベリングします。

出荷

自社の大型保冷車が待機し、その日のうちにスーパー等の店頭に並びます。


髙井養鶏会社概要髙井養鶏の米麦づくり